世界の人々の救いのために働こう

前インドネシア宣教師 千金町子

千金師と神学生たち

1981年1月からインドネシア北スマトラ州ソンディラヤ高等学校で、日本語を教えながら学生たちに聖書に立つ信仰生活を教えました。教師の協力と多数の参加者があって祝福されました。7年後、他の先生に働きを委ね、メダン市郊外のイタス神学校で教鞭をとり、91年1月に帰国しました。5年後、西部ジャワ州のバツにあるインドネシア宣教協力会付属I−3神学校へアンテオケ宣教会を通じて再度派遣されました。2000年8月まで一般教会史を教えながら、スラバヤ市とバリ島デンパサール市での日本人集会の奉仕と伝道をしました。教え子の中から在日インドネシア人教会で奉仕する方々が2組(夫婦)出ています。


前インドネシア宣教師 平野嘉春

西カリマンタン州ンガバン 村の教会

1980年にアンテオケ宣教会を通して、インドネシア宣教協力会(YPPII)に家内と共に家族で派遣され、1987年まで主に西カリマンタンで、インドネシア福音宣教協力会、インドネシア福音宣教教会(GPII)との協力の中で宣教の働きをしました。

1期目はシンタン地区の集団農業開拓地区のジャワ人とダヤック人の移民の間での開拓伝道、2期目はンガバン地区の油椰子プランテーションの村落における開拓および教会形成とアカデミー・セオロギア・インドネシアでの神学校教育などの働きに携わりました。