ニュース

秋の特別公開授業 「もっと『レビ記』を知る」

日時:2018年11月10日(土)9:30~15:20
   (礼拝・10:50~11:20 メッセンジャー/河 尚志学院長
    昼食・12:30~13:30 軽食の準備があります)
場所:神戸ルーテル聖書学院 チャペル 
講師:ユッカ・ノルヴァント師
   フィンランドの神学者・ラジオ牧師。
   フィンランド海外宣教団体(FLOM)で宣教神学者として働きながら、信徒向けのわかりやすい聖書註解書を数多く執筆。
   またラジオ番組Rkk(Raamattu kannesta kanteen)を通して福音のメッセージを発信。
   Rkkの「kanteen」は、本のカバーのことで、番組名は「聖書 最初から最後まで(カバーからカバーまで)」の意。
内容:講義1:レビ記のイントロダクション
   講義2:レビ記の“犠牲”
   講義3:レビ記の“七つの祝祭日”
   講義はフィンランド語を日本語に通訳して持たれます。通訳者はレア・ルッカ師(緑が丘教会・当学院講師)です。
参加費:500円(お茶菓子・軽食代です)
    礼拝中に、献金の時間があります。

参加申し込みは不要です。

2018年09月28日

2学期時間割発表・入学希望者募集

神戸ルーテル聖書学院、2018年度の2学期の授業時間割を掲載しています。
「学びのコース」のページをご覧ください。

 

2学期からの入学や選択受講の希望も募集しています。
2学期授業開始まで、あと10日ほど。
講師陣・スタッフ一同、聖書の学びを求めておられるみなさんを、心よりお待ちしています!
入学や聴講などについては、「学びのコース」「入学案内」のページをご覧ください。

2018年08月23日

2学期からの入学もできます

神戸ルーテル聖書学院、2018年度の1学期が今日で終わります。
学生や教師・スタッフのためのみなさまのお祈りを感謝いたします!

さて、9月からの2学期は、継続授業だけでなく、新しい学びもスタートします。
神戸ルーテル聖書学院では、2学期からの途中入学でも豊かな聖書の学びの時を送る事ができます。

今年の夏は、聖書の学びの時に向かって、祈りつつ、心を定める時としませんか?
9月からの入学をお待ちしています。

「学びのコース」のページにくわしいご案内があります。ご覧ください。

2018年06月29日

鍋谷堯爾師 特別授業 「トーラーの解説」

日時:2018年6月7日(木)10:50~12:30(2時間目の授業)
場所:神戸ルーテル聖書学院 チャペル 
内容:「トーラーの解説」
    鍋谷先生所蔵の貴重なトーラー(モーセ五書の巻物)を、ご披露・解説くださいます。
    小賀野英次先生が補佐してくださいます。
授業料:1,000円

参加申し込みは不要ですが、10:20~10:35、聖書学院チャペルは礼拝が持たれています。
途中での入室を避けるためにも、10:20分の礼拝からご参加いただければ、幸いです。
よろしくお願い申し上げます。

2018年05月30日

選択受講はいかがですか?

神戸ルーテル聖書学院では、聖書やキリスト教についての興味深い授業を多く準備しています。
これらの授業は、興味のある授業を選択して受講することができます。
9月からスタートする2学期からでも選択受講可能です。

聖書について、信仰について…、深く学ぶ機会を持ってみませんか?

「学びのコース」のページ、一番下の部分にくわしいご案内がありますので、ご覧ください。

2018年05月23日

2018年度学生募集中

2018年4月からの学生を募集しています!

聖書と信仰について、より深く学びたい方。
ぜひこの機会に、当学院で実り多い時を過ごしませんか?

年齢や教団等は問いません。
くわしくは「入学案内」のページをご覧ください。

2017年11月17日