背景

イエス様の時代、らい病人は人から隔離されて暮らさなければなりませんでした。もし、治ったと思えば、祭司に見せるという定めでした(レビ13-14)。旧約聖書全体でも、この奇蹟は2、3しかありません。司会者は、らい病について百科事典などで調べておかれてもいいでしょう。ユダヤ人たちは、外国人で宗教も違いましたのでサマリヤ人を軽蔑していました。

質問

注:かっこの中の質問は、前の質問に答えがないときにだけ読んでください。

  1. この10人がらい病にかかったとわかったときのことを考えてください。自分や家族の将来のことで、どんなことが心に浮かんだと思いますか。
    • (イエス様の時代のらい病と、現代のエイズとでは、どういうところが似ていると思いますか。)
  2. このような病気で隔離された人たちの生活の中で、うれしい出来事は何だったと思いますか。
  3. このらい病人たちは、イエス様に何を期待しましたか。13節の祈りを見てください。
  4. サマリヤとガリラヤの境は、祭司たちが住んでいた町から50〜60kmほどのところです。イエス様が彼らをその場で直さずに、遠くまで行かせられたのはなぜでしょう。いろんな理由を考えてください。
    • この人たちが、まだ直っていないのに大変な旅に出掛けた理由は何ですか。
    • 彼らが旅立ったそのとき、もう信じていたと思いますか。
  5. ユダヤ人の祭司は絶対にサマリヤ人と関わりを持ちませんでした。それなのに、そのサマリヤ人がユダヤ人たちといっしょに旅に出たのはどうしてでしょう。
  6. 9人のユダヤ人たちがイエス様のところへお礼を言いに戻らなかった理由を、できるだけたくさん考えてください。
    • なぜサマリヤ人はイエス様にお礼を言いに戻ったのでしょう。
  7. イエス様が、9人が戻ってこなかったことにがっかりされたのは、どうしてですか。
    • この9人がしたようなことで、あなたがイエス様をがっかりさせたことがあると思いますか。
  8. 「あなたの信仰が、あなたを直したのです」は「あなたの信仰が、あなたを救ったのです」とも訳すことができます。イエス様はなぜこのサマリヤ人に、こうおっしゃりたかったのでしょう。
  9. 癒しを求める信仰と、イエス様ご自身を求める信仰は、どこが違いますか。
    • 人は、癒しの信仰だけでは救われないのはなぜですか。
  10. 孤独と恥の年月は、後になってみると、9人のユダヤ人にとってどのような意味があったでしょう。
    • 病気の年月は、サマリヤ人にとってどういうことを意味しましたか。

よき知らせ

イエス様は十字架の上で、らい病人たちと同じ孤独と恥を経験されました。「彼はさげすまれ、人々からのけ者にされ、悲しみの人で病を知っていた。・・・まことに、彼は私たちの病を負い、私たちの痛みをになった」(イザヤ53:3-4)それが、イエス様がこの奇蹟のために支払わなければならなかった代価なのです。