背景

カナン人はユダヤ人の仇敵で、旧約聖書によると、偶像礼拝のために根絶やしにされなければならない民族でした。ティルスシドン(21)は45〜60km、ガリラヤから離れたところにある町でした。イエス様はこの外国旅行のことは、だれにも知られたくないと思っておられました(マルコ7:24)。司会者はダビデ王について、簡単に説明してください(22)。

質問

注:かっこの中の質問は、前の質問に答えがないときにだけ読んでください。

  1. この母親の毎日の生活、特に人間関係を想像してください。(娘、夫、ほかの子供、近所づきあい)
    • 母親が自分を責めたとしたら、どんなところか考えてください。
    • 現在、この母親ほど苦しんでいる親は、どんな人でしょうか。
  2. カナンの女は、ユダヤ人と違って、イエス様がダビデの子であることを知っていました。どうやってこのことが分かったのでしょう(22)。
    • 彼女が、自分を憐れんでほしいと願ったのはどうしてですか(22)。
  3. 母親の叫びに対するイエス様の3つの反応は何でしたか(23-26)。
    • イエス様はいつも、助けを求める人を受け入れられたのに、どうしてこの人の叫びを無視されたのでしょうか。
    • もし皆さんがイエス様から同じような扱いを受けたら、どうしますか。
  4. 弟子たちは、カナン人の女のことやこの事態をどう受け取ったでしょうか(23)。
  5. カナン人の母親は、イエス様の態度にどう反応しましたか(23、25、27)。
  6. 苦しんでいる母親を前にして、黙っておられたイエス様の心の中に何が起こったと思いますか。
    • 私たちが助けを叫び求めるとき、イエス様が黙っておられることもあるのは、どうしてでしょう。
    • どうして私たちひとりひとりの信仰は試されなければなりませんか。
  7. イエス様が信仰を誉められたのはふたりだけでした。彼女の大きな信仰を表しているところを、この個所からできるだけ見つけてください(28)。
  8. 立派な信仰はどのように生まれるかについての、一般的な考え方は何ですか。
    • 司会者はマルコ7:30を読んでください。奇跡が起きる前から、彼女はどうやって立派な信仰を持つようになったのでしょう。
    • 私たちはどんなとき、立派な信仰を必要としますか。
  9. イエス様が唯一の外国旅行をなさった、本当の理由は何ですか。

よき知らせ

十字架の上で、イエス様は黙っておられる神様を信じなければなりませんでした。詩篇22:2-3、25参照。そのとき主の信仰はカナンの女の信仰と同じです。ふたりの状況の大きな違いは、神様がイエス様に黙っておられたのは愛からではなく、怒りからであったということです。